革靴 & 革のお手入れ

出会って6年!レッドウィング 9016のエイジングレポート!

どうも、ches(チェス)です!

今回は私がレッドウィング熱を再燃するきっかけになったベックマン9016(新品番9416)のエイジングについて、レポートしていきたいと思います!

この記事には私の推察や独自の見解が多分に含まれていますので、ご承知おきください。

こんな方には参考になると思いますのでぜひご覧ください!

・9416の購入を検討されている方
・フェザーストーンのエイジングが気になる方
・フェザーストーンレザーのお手入れ方法を参考にしたい方

ベックマン9016の購入

私が9016を購入したのは今から6年前の平成26年になります。平成26年というのは私にとって特別な年で、長男が誕生した年になるんですね。

この9016は、その長男の成長とともに時を刻む「一生もの」がほしいと思ったことから購入に至りました。

その長男ももう小学生、最近時間が経つのが早すぎます・・・。

ベックマンを選んだ過程についてはこちらで記事にしています。

ここでエイジングについてレポートをしていく前に、比較ができるように新品のベックマンとその概要を説明していきたいと思います。

出典:レッドウィング公式オンラインストア

ベックマンは、レッドウィングの創始者であるチャールズ・ベックマンから名付けられました。「フェザーストーンレザー」と呼ばれ、原皮から5%しか見つからない希少な革が使用されており、ワークブーツの佇まいを残しながらもドレッシーな作りとなっているのが特徴です。

ベックマンは当初、9011、9013、9014、9016が販売されていました。

しかし、このシリーズはハーフソールがウレタン素材からできていたこともあり、加水分解が進みやすいという欠点がありました。そのため現在では改良がなされ、それぞれ9411、9413、9414、9416として販売されています。

私が所有しているベックマンは品番が9016ですので、改良前のものということになりますね。

エイジングレポート

それでは前置きが長くなりましたが、私の9013のエイジングをレポートしていきたいと思います!

履きジワ

こちらが私のベックマンです。

購入して6年が経過しておりますが、ワークブーツとしてはまだまだ綺麗ですね。それもそのはずで、このベックマンはお気に入りすぎてかなり過保護に育ててしまっています。

履く頻度としては、仕事が休みの週末、月にして4回履いたらいい方でしょうか。雨の日にはまず履きません。

お手入れ時にはシューツリーを使用しますが、普段の保管時にはシューツリーは入れていません。仕事に使用している短靴には入れているのですが、このあたりは「ワークブーツだから」という気持ちも多少はあるので入れていない感じですね。

そのせいか、別に所有のベックマン・オックスフォードと比較すると履きジワがより深く入っているような気がします。

ブーツどり
ブーツどり
「大事に綺麗に履きたい」と「ワークブーツなんだから」という気持ちのせめぎ合い・・・ 

後ろからみた姿がこちら。

ブーツ好きからすると共感いただけると思うのですが、このくるぶしのくびれがたまりません。

この写真は足を通していない状態なんですが、革についたクセが自分の足の形になっているのが伝わる写真になっているのではないでしょうか。

革の色味

革の色味については、購入してから一貫してニュートラルのシュークリームでお手入れしているので、深みが増したとか、そういったことはないように思います。

私がニュートラルを使用する理由は後述します。色味については特筆することがあまりないですね。参考までに写真を掲載しておきます。

ソール

私のベックマンは、前述しましたように改良前の旧品番なのでハーフソールにウレタン素材が使用されています。

6年を経過しましたが、私のベックマンは未だ加水分解せずソール交換なしに履き続けられています。そのソールの状態はこんな感じです。

使用による磨耗は見られますが、ボロボロと崩れるような様子はありません。

加水分解とは、その名が示すようにウレタン素材に水分が含まれることで起こります。以前のカビ予防の記事で紹介しましたように下駄箱の湿気には比較的気を使っていますので長持ちしているのかなと思います。

カビ予防についての記事はこちらをご覧ください。

メンテナンス

ベックマンのメンテナンスについて、私が使用するのはクリームナチュラーレのニュートラルです。これは、ベックマンに使用されているステッチの色が白であるため、色付きのクリームを使ってしまうと、ステッチが染まってしまうからです。

加えてもうもう一つ理由があります。次の写真をご覧ください。

うっすらと木目のような模様が入っているのが分かりますでしょうか。染色のムラといってしまえばそれまでなんですが、この木目が綺麗でかなり気にいっています。そのため色付きのシュークリームを現時点では避けているんですね。

ブーツどり
ブーツどり
傷やシミが増えてきたら色付きのクリームを検討しよう!

これは、決して色付きのクリームを使用することがダメということではないので、お好みで使用していいのではないかと思います。

この「色付きのクリームを使用すること」についてぜひ皆さんに見てもらいたいインスタグラムのポストがあります。革靴のケアグッズを手掛けているM.モゥブレイ公式アカウントのベックマンの経年変化がこれまた格好いいんです!

ベックマンの9011ブラックチェリーを黒のシュークリームで磨いていくというものです。今後こうしたものにもぜひチャレンジしてみたいと思っています。

まとめ:エイジングを重ねて子どもに譲りたい

購入して6年が経過していますが、まだまだ綺麗なままで履く頻度が物足りない状況です。もっと履き込んで渋いエイジングをさせることができたらなと思います。

またこのベックマンは、息子の誕生とともに購入したものなので、その息子にもブーツがカッコいいと感じる大人に育ってくれないかなぁと思っているところです。

密かな夢として、息子にこのベックマンを譲る、またはブーツがほしいと言い出した時にベックマンを買ってあげたいとか思っているところです。