【ches流】オイルドレザー(REDWING/8875)のお手入れ方法解説!

REDWING
スポンサーリンク

どうも、初心者ブロガーのches(チェス)です。

ブログを始めようと思ったものの何から始めていいのやら困ったぞ、ということで記念すべき第一発目は趣味の靴磨きです!

私は複数のREDWINGの靴を愛用していますが、お手入れ方法については検索しても意外とコレ!といったものがなかったりします(それもまた靴磨きが面白い所以ですね。)。

そこで今回は、10年いろいろな方法を試したches流「現在」の8875/クラシックワークのお手入れをご紹介します。

8875はREDWINGでも通称アイリッシュセッターとも呼ばれるワークブーツの定番中の定番ブーツで写真はchesが10年以上愛用しているものになります。

「現在」としたのは、一般にレザーのお手入れに正解はないと言われているからです。

ここでは私が色々と試行錯誤した結果たどりついたおすすめのお手入れ方法を紹介していきます!

ぜひお手入れの参考にしてみてください!

準備するもの

準備するのは次の7つです。

  • 柔らかい布(使い古した肌着等)
  • 馬毛ブラシ
  • 豚毛ブラシ
  • ステインリムーバー/M.モゥブレイ 
  • ビーズエイジングオイル/M.モゥブレイ
  • プロテクターアルファ/M.モゥブレイ
  • シューキーパー 

f:id:chestnut_brog:20200114222123j:image

汚れや古いオイルの除去

道具がそろったら、まずは靴ひもをとります。靴ひもをとったらシューキーパーを入れましょう。シューキーパーがなければ、新聞紙などを入れてもOKです。シワを伸ばすようにつめていくのがコツです。

次に馬毛ブラシで全体の汚れやホコリを取り払います。羽根のスキマにゴミが溜まりやすいので念入りに掻き出してください。

全体のブラッシングが終わったら、ステインリムーバーの出番です。

Amazon | (エム.モゥブレィ) M.MOWBRAY ステインリムーバー300 靴磨き 靴ケア用品 メンテナンス 〔FL〕 | キット
Amazon公式サイト| (エム.モゥブレィ) M.MOWBRAY ステインリムーバー300 靴磨き 靴ケア用品 メンテナンス 〔FL〕を通販で早く安く。Amazonプライム会員ならアマゾン配送商品が送料無料。キットをお探しなら豊富な品ぞろえのAmazon.co.jp

ステインリムーバーで、古いオイルと汚れを落としていきます。

ステインリムーバー少量を布に取りブーツを拭いていきます。この時にあまり強く擦らないように注意してください。強く擦りすぎると革が傷ついてしまいます。

ステインリムーバーを使うとこのように古いオイルと汚れがごっそりとれます。すごい!

これを2〜3回くり返します。

f:id:chestnut_brog:20200114225257j:image

ステインリムーバーの使用後は、写真ではわかりにくいですがオイルが抜け、触るとカサカサしています。この状態でしばらく乾燥させます。

f:id:chestnut_brog:20200114225322j:image

オイルを塗る

しばらく乾燥させた後はオイルを入れていきます。ほかのサイトなどではよくミンクオイルが使用されていますが、私が使うのは「ビーズエイジングオイル」です。

Amazon | [エム・モゥブレィ プレステージ] オイルドレザー用栄養・保革オイル ビーズエイジングオイル 防水 ワークブーツ 天然成分 ミツロウ配合 乳化性 ニュートラル 50ml | クリーム
Amazon公式サイト| オイルドレザー用栄養・保革オイル ビーズエイジングオイル 防水 ワークブーツ 天然成分 ミツロウ配合 乳化性 ニュートラル 50mlを通販で早く安く。Amazonプライム会員ならアマゾン配送商品が送料無料。クリームをお探しなら豊富な品ぞろえのAmazon.co.jp

ビーズエイジングオイルは、その名前が示す通り蜜蝋から作られており、その約90%が天然成分でできています。フタを開けると密の甘い香りが漂います。

レザーにはこのように指を使って塗り込んでいきます。全体に塗り終えたら革に馴染むまでしばらく放置しましょう。

f:id:chestnut_brog:20200114230142j:image

ここからビーズエイジグオイルの本領発揮です。

ミンクオイルを使用していた頃は一晩放置しても革の表面に吸収しきれていないオイルが残っていることがあったのですが、ビーズエイジグオイルは3〜4時間の時間を見ておけば、ほぼ革に吸収されてしまいます。それほど革馴染みがいいオイルなんです。

ブラッシング

オイルがなじんだ後は豚毛ブラシを使って全体を磨いていきます。吸収しきれていなかったオイルを塗り込むようなイメージです。これで全体を磨き終えたらもうあと1歩です。仕上げにプロテクトアルファーで防水・防汚処理を行ってもう1度ブラッシングしたら完成です。

上がビフォーで下がアフターです。

ビフォー

f:id:chestnut_brog:20200114231539j:image

アフター
f:id:chestnut_brog:20200114231548j:image

古いオイルを除去して、新しいオイルを入れたことで古いギラギラしたオイルがなくなりました。色も深みが増し、しっとりした艶がでたのではないでしょうか。

最後に

いかがでしたでしょうか。過去に色々な方法を試しましたが、現在はこの方法に落ち着きました。しかし、冒頭に記載しておりますようにレザーのお手入れには正解がありません。

今後も靴の状態によってお手入れ方法が変わったりするかもしれません。

ただ言えることは、きちんとお手入れをしたら一生履ける靴なので、これからもずっとお手入れを続けていきたいですね。

タイトルとURLをコピーしました